2017年01月04日

高齢者の重大事故に思うこと・・A

もちろん、年を重ねた多くの先輩方が皆さんこうした
状況とは思ってもいませんが・・
一方で、前回記事以外でも、

・路面店の駐車場や側道からビックリするような寸前の
タイミングで当たり前のように飛び出してきたり、

・「大丈夫か・・?」と思うような猛スピードで爆走して
追い越していく暴走老人がいたり・・💨

・「一旦停止」やその他の交通ルールなども全く関係ない、
マイペースな自転車運転の年配者など、

皆さんも日常茶飯事に遭遇しているのでは・・✋

以下はあくまでも私見です。

現在の社会環境や、今、「高齢者」と分類される世代の方々の
「特徴」(時代に育まれた)にもよる、「現在」の高齢者世代の
特徴的な傾向のように感じます。(当たり前ですが・・)
20年前の高齢者世代とは違うし、私が高齢者の分類に入る頃は
また違うように思います。

gfm.gif

簡単に総括できる問題でもないと知りつつも、
自分が感じるのは・・

「甘え」「油断」 という2つの言葉が思いつきます。

「これぐらいはなんとかなる(許される)。」
・年取ってるから・・
・今までも大丈夫だったから・・

こうした「甘え」を緊張感無く、「油断」して繰り返していると
とっさの時に、

「相手」が「不測」に対応できないと「被害事故」に・・

「自分」がパニックになると「加害事故」に・・

結局、高齢者の事故に限らず、誰でもが普段から
「緩すぎず」「締めすぎず」、「中庸」で、

また、他人の配慮や寛容(許し)に期待する(甘える)のではなく、
自らが他人を慮(おもんばか)って行動していれば、
もっともっと残念な事故が減るのでは・・と思う最近でありました🐱🐶
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 14:05| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

高齢者の重大事故に思うこと・・@

天気も良く、自身にとってはとってものんびりとした
「良い正月」を送っています♨

お休み中ということで、少し時事っぽいネタで・・✋

<事件その@>
つい先日のこと、片側2車線の道路の追い越し車線側の
先頭で信号待ちをしていました。名古屋市内の幹線道路で
結構交通量が多い道路です💨

信号が青に変わったので、発進しようとすると、かなり広い中央分離帯の
陰から年配の女性が笑顔で手を振りながら小走りで出てきました・・
「ごめん、ごめん・・」的な感じです。
横断途中で信号が赤になっても余裕で待機していられる
広い中央分離帯がある横断路です。
思わず「だめだよ〜」とつぶやきましたが、動くわけにもいかず、
通り過ぎるのを待ちました。私の後方には車が数台いたのですが、
たまたま左側の走行車線には1台も車がおらず、あの時もし、左の車線の
後方から制限速度の60キロで普通に車が走ってきていたら、間違いなく
その女性ははねられていたと思います💦

<事件そのA>
こちらもつい先日、近所のスーパーで買い物をしていた時のこと、
自分はもちろんカートは使いませんが、店内をカゴを持って歩いていると
突然、後ろから「どんっ💥」 そうです、カートがぶつかってきたのです。

最近よく見かけるようになった、カートに前傾して体重をかけて
歩行器よろしく歩いてきてぶつかってきたのは大柄のおばあちゃんです。
全く予期していなかったこちらへの衝撃は小さくはなく、ちょっとした事故。
「おっ💢」と、少し声が出ましたが、先方は気付いているのか
日常茶飯事のことなのか、何事もない体で通り過ぎていきました・・💧

CIMG4428.JPG

<事件そのB>
数か月前、関東に出張した際、住宅地の駅に近い
人や自転車の通行も多い、あまり広くはない生活道路の
交差点で信号待ちをしていました🚥

すると、右手方向からゆっくりとゆっくりと1台の車が
左折をして私の車の反対車線にやってきました。
80才以上と思われるご夫婦で、運転はご主人の方です🚙
自分の車の左側の歩行者がとても気になるようで、こちらから見ても
かなり左側に余裕があるのですが、どんどんこちら(右側)に
近づいてきます👀

何度か目も合って、「おぃ、おぃ、おぃ!」と車の中で騒いでいたのですが、
そろ〜り、そろり・・・「コツン💥」

ミラー同士が接触です。すると・・・

道を譲ってもらった時のように、軽く手を上げてスーッと
行ってしまったのでありました💨
幸いキズは付いていませんでしたが、夕方の混雑時で簡単にUターンして
追いかけることもできず、腹立たしい気分で帰路についたのでありました👊

久々に・・続きます〜
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 21:03| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

きらきらタクシー

伊勢神宮に参拝する際には、
外宮から内宮への移動と、内宮参拝後の近鉄駅までの
移動にはタクシーを利用します🚗

伊勢の運転手さんは、観光地ということもあってか、
お話し上手な方が多いように感じます👂

今回、外宮から内宮への移動時の運転手さんは、
会話をしながら結構ダッシュ・・💨
怖いか怖くないかギリギリの線でしたが、
無事到着💧 下車して直ぐに代表と口を揃えて、
「なんかいつもより早い(近い)ような・・⁉」
そうです、いつもより、あっという間に着いたような
感じだったのでありました👀

taxi.jpg
※写真はイメージです。

一方、参拝を終えて宇治山田駅までの帰路で乗った
タクシーの運転手さん、おっとりとした語り口が素敵な方です。
車に乗って直ぐに気になったのは、車のガラスがあまりにも
ピカピカなことでした✨
天気が良かったせいもありますが、まぶしいほどです✋

「運転手さん! ガラスも車内もピッカピカですね。
こんなきれいにされているタクシー初めてかも・・💡」
と伝えると、たいへん謙遜され・・

「いやぁ、本気にしていいんですか〜うれしいですねぇ・・」

本気もなにも絶対に「窓ふきワイパー」や「乾拭き布」など
多用しないとこんな風にはなりません🐶
そのあたりはご自身が一番分かっていらっしゃるハズ🐱

「今日は、雨上がりで天気が良かったので少し丁寧に・・」
などと照れながら答えてくれました。

さらに、時間帯にしては珍しく駅までの直線道路が
渋滞していると、
「あまり変わらないと思いますが・・」 などと言いながら
裏道を通ってくれて、結果は・・・

「いやいや、運転手さん! これは10分近く早いでしょ🎵」

車もピカピカで、お人柄もピカピカの素敵な運転手さんに
出会えたお土産ありの伊勢神宮参拝となりました💕
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 18:03| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

謙遜

先日、年が明けてコンビニで端末を使って支払処理を
していたところ、確か店内には客は私一人だったと思います犬

店内には力一杯の思いのこもった女性スタッフの声が響いていますー(長音記号1)

「私が作ると良く売れると思うんですよねぇ〜。」
「自分でも自分が焼くと美味しそう・・と思うんですexclamation

どうも店内で仕上げをする「焼き鳥」のことのようです。

yakitori.jpg

数分のことでしたが、それ以外にもコンビニの冬の定番「おでん」
なども彼女の用意するものは最高で、一部の他のスタッフの仕事は
十分ではない・・と、もう一人の年上のスタッフの方に主張しているようですふらふら

oden.jpg

気になる(処理が上手くないと思っている)他のスタッフが
いるようで、「私、今度喧嘩になってもいいんで一度言ってみますexclamation×2
と「上手な仕上げ」の手ほどきをどうしてもしたいようです。
さらに、バイトの男性スタッフの仕事も「まだまだ・・」との評価のようで
完全に「俺様最高、他はみんなバカむかっ(怒り)」状態ですあせあせ(飛び散る汗)

もう一人の年上スタッフの方は「そうねぇ〜」的に上手く合わせて
おられましたが、恐らくこの主人公は、そのもう一人の方よりも
「自分がとにかく一番手(チョキ)」と思っていると感じますたらーっ(汗)

確かにどのような仕事にしろ趣味やスポーツにしろ
当然上手下手は生じるものでそこで「上手」が謙遜の心無く
一方的に上から「指導」しようとすると、そこには決して良いものが
生まれないのではと・・どんっ(衝撃)

日常の中で特に大過なく事が運んでいる折には、自身もそうですが
どうしても「謙遜の心」を忘れがちになるように感じます。
今回、店内での5分ほどの出来事でしたが自省する機会を
いただいた気がします猫

先の彼女が「指導役」ではなく「トラブルメーカー」に
ならないことを願うばかりです・・手(パー)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 03:01| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

人の関わり

「類は友を呼ぶ」
「袖振り合うも多生の縁」
「朱に交われば赤くなる」
など人間関係についてのことわざがありますが、
ここ数年の自身のコミュニティーといいますか
諸々のご縁により新たに生まれる人間関係を考えてみますと
本当に恵まれていて、また、次々と有難いさらなる出会いや
コミュニケーションが生まれているという日々に新鮮な驚きと
不思議さを感じつつ日常を送っていますハートたち(複数ハート)

素敵な出会いの機会に恵まれることが多い現状に
自身のこれまでと現在の歩みに関し、「大丈夫かも・・」と安心しながら
謙遜の気持ちを忘れず決して驕ることのないように反省しつつ
日々一歩一歩歩んでいるといったところでしょうか・・足

people.jpg

一方で、イスラム国・・・
外国人戦闘員は2万人とも言われ、
こうしたコミュニティーに引き寄せられて自らつながってしまう
「縁」というものもあるんだなぁ、と不思議に感じます犬

その縁のきっかけは「イスラム教」だったり「戦闘」だったり
「金」「セックス」あるいは「殺人」だったりするのかもしれません、
こうしたつながり方もあって人の生き方、考え方、つながり方は本当に
さまざまで、まさに天と地ほどの範囲の中にある数多の選択肢の中から個々人が
選択する「つながり」は、本当に自由にその本人にゆだねられている・・
と感じます手(パー)

さて、これも諸々のご縁から昨年、日本セミナーの開催に関わった
アメリカからの「バイオフォトニック療法(血液紫外線照射療法)」
マーゴ・ローマン先生とO3VETS社のジョナサン・ロー氏、
マーゴ先生の飾らない素敵なお人柄は獣医界でご存じの方も
多いかもしれませんが、O3VETSの後継者、ジョナサンもとても真面目な
信頼できる人物で、こちらも突然のご縁からつながって、今後も関わっていくであろう
関係ができつつあり、有難くも不思議に感じています・・かわいい

さて、そんな海外とのつながりの方も充実、発展させるには
数十年間使うことの無かった英語力の向上が必須手(グー)
「ご縁」だけでなく、やっぱり努力も必要ですっあせあせ(飛び散る汗)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 23:25| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

「にしゃんた」 さん (from スリランカ)

休日の深夜、BSのチャンネルを切替えていると、
とても流暢な日本語で話している外国人の男性に
思わず見入ってしまいました・・目

BSフジで放送されていたされていた「テレビ寺子屋」という
フジ系列のデレビ静岡制作の番組の再放送のようですTV

講師紹介 「テレビ寺子屋」

その男性が「にしゃんた」さん。スリランカの出身だそうです

srilanka.png

すでにデレビ出演も多いようなのでご存じの方も多いのではと
思いますが、自分は初めて知ったので勝手にご紹介です演劇

現在は、「羽衣国際大学准教授」。立命館大学卒業の後、
修士、博士を取得されていて、日本生まれでないのに
難しい日本語をこれだけ正確にまたウィットに富んで話しをされるのは
かなり頭が良い方なのだと思います犬

番組は最後の方のほんの10分ほどしか見れなかったのですが、
ユニークな語りの一方、やはりわれわれより肌の色が濃い方たちが
感じるのであろう「差別」「偏見」についてのエピソードが印象的でした。

少し前に紹介しましたアリシア・キーズの楽曲を見聞きしていても
われわれは感じることがないそうした「差別」に関する意識を感じます。

自分が理解できていない「感覚」として心に留めたいと思いますハートたち(複数ハート)

落語などにも取り組まれ、バラエティーへの出演機会も
あるようなので「芸人」と思われていることも多いのではないでしょうか猫

ウィキ : にしゃんた

こんにちは! にしゃんたです

昨夜もたまたまBSジャパンの番組でスリランカを紹介していて
次の日曜にはその続きがあるようです左斜め下

アジアン・タイムズ

これから少し興味を持って拝見したいと思っていますー(長音記号2)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 17:27| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

違和感・1

既にテレビなどで賛否論じられていて
特に否定するつもりはありませんが、数年前から
節分の「丸かぶり」と並んで違和感を感じているのが
日本のハロウィン事情ですがく〜(落胆した顔)

ウィキ:ハロウィン

重要な宗教行事ということでは無いけれども
主にキリスト教の国で、日本で言うところの「秋祭り」で神輿をかついで
街を練り歩いてお菓子をもらって帰る習慣にも似た子供のための
ちょっとしたイベントが、この国では「人目を気にせずコスプレができる日」に
なったようですブティック

halloween.jpg

カメラを向けられた若者のほとんどが
「トリック・オア・トリート(Trick or Treat)」
"いたずら(されるの)か、いいもの(お菓子をくれる)かどっち?"
と言うハロウィンの本来の定番フレーズではなく、合言葉のように
「ハッピー・ハローウィンるんるん」 と答えるのにも違和感を覚え、また
日本のハロウィンの「オメデタイベント」としてのポジションを
強く感じたのでありました手(パー)

平和で有難い環境の日本・・・かわいい
このイベントにかけられている「時間」「エネルギー」「お金」
そしてみなさんの「熱い気持ち」の全てとは言わないので半分でも・・・
先日の記事のアリシア・キーズの楽曲のような方向へ、
向けることはできないものかと思ってしまう私、サイマネでありました犬

10月31日のハロウィンの翌日から、
地元のFM局では、今度はクリスマスソングが
流れるようになりました・・・眠い(睡眠)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 17:30| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

「We Are Here」 by Alicia Keys

素敵な歌声のアメリカのR&Bシンガーで
アリシア・キーズという女性歌手がいますカラオケ

ウィキ : アリシア・キーズ

グラミー賞の常連の彼女、「If I Ain't Got You」 などは聞き覚えの
ある方も多いのでは・・・左斜め下



そんな彼女が今、「We Are Here」 という紛争や格差など
世界の厳しい現状に目を向けたメッセージソングをリリースしていますかわいい

Sony Music : メッセージ&歌詞大意
歌詞 : 原文

現在、妊婦さんらしい彼女、すごくストレートな歌詞ですが、
「みんなで平和になろうよexclamation
「世界のどこかで苦しんでいる人たちに愛を向けてもっと考えようよexclamation×2

といった熱い思いが美しい歌声から感動的に伝わってきますハートたち(複数ハート)

ぜひ一度、最後まで聞いていただいて、一緒に共感していただければ
と思い、ご紹介させていただきましたー(長音記号2)

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 06:00| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

ベストな対応(ラスト)

その彼女と言葉を交わしたのは1分にも満たなかったと思います。

ただ、とてもスモールな私、サイマネは、非常に混乱し、また口惜しく
その後数時間は、頭の中で「どう対応するのが良かったんだろぅ・・犬
と、いろいろシミュレーションを繰り返したのでありましたたらーっ(汗)

予期していなかった議論やもめごとに突然巻き込まれたり、
夫婦や恋人、家族間の些細な喧嘩などもそうですが、そうした際に後から
「もっと上手い対応があったのでは・・ふらふら」 と反省することは
誰もみな多いのではないでしょうか手(パー)

knight.jpg

そうした時に「ベストな対応」の例として思い出されるのが
当時、さまざまな論議やいやがらせ質問を投げかけられて見事な
切り返しをされていたブッダやイエスといった偉大な方たちの対応ですぴかぴか(新しい)

(営業の仕事柄念のため毎度記しますが、自分は特定の思想・宗教活動には
参加しておりません。)

ブッダの時代のインドあたりでは、バラモン教を中心にさまざまな
教団や修行者が自身の「悟り」の正しさについて相手を論破すべく
議論を戦わせていたところ、ブッダはそうした他の教団や修行者の挑発に
無益に対峙せず正しく法を説き、逆に多くを帰依させるに到り、
またたく間に一大教団となったようです。

ユダヤ教の厳しく非常に微細な律法を守ることが重要視されていたイエスの時代、
ユダヤ教の律法学者やパリサイ派と呼ばれる主流派は、イエスの律法違反の回答を
誘うべく様々な意地悪質問を繰返し、イエスはその都度見事な答えをされています。

ご存知の方も多いと思います有名な聖書の中の逸話に、姦通の罪で
捕らえられた女性が、律法で定められている石打ちの刑に処されるべく
神殿に連れてこられたところでたまたま教えを説いていたイエスに
「あなたはどう思う?」と、律法違反で訴える口実を見つけようと質問がされます。

「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」

これを聞いた者は、一人また一人と立ち去りイエスと女だけが残った・・・

うーん、すごいっハートたち(複数ハート)  自分の残りの人生だけではとても真似できるように
なりそうにはありませんあせあせ(飛び散る汗)

ただ、このシーンの中で、これなら真似できるかも・・・
と思った部分があります。(イエスがそうされた真意は分かりませんが・・)

前述の意地悪質問の後、実はイエスは直ぐには答えません。

「イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。
しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。
(前述の答え)」

そうです、まずは間をおいて、すぐには相手にしていないのですひらめき

そういえば、ブッダも無益な論議の挑発は時として相手にしなかったようです。

「そうかexclamation うまくかわすことも大切かも・・・わーい(嬉しい顔)

じゃあ、今回のマイ事件の「ベストな対応」はexclamation&question

「車の窓開けなきゃ良かったんだ・・手(チョキ)

うーんちっ(怒った顔) サイテー・・・パンチ
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 21:07| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

ベストな対応(続き)

(前の記事からの続きになります)

30代ぐらいの少し化粧は濃い目ですが普通の感じの女性です。
仕方なく窓を開けると・・・

「アブナイじゃないですかーーどんっ(衝撃)
「事故にあいそだったじゃないですかーーむかっ(怒り)

(えっ、中国exclamation&question

そうです、中国の方のイントネーション。中国か台湾の人のようです犬
当方、余計に混乱ふらふら

「てめぇ、コノヤロ」 的なボキャブラリーが無いようで、怒っているのですが
丁寧語です。

do.jpg

ちゃんと後方確認をして十分な距離を確認してから
先にウィンカーを出した上で車線変更をしたと言いましたが、
「事故にあいそだったじゃないですかーーむかっ(怒り)」 を繰り返しています。
どういう素性の方か分からないし、これ以上はモメたくなかったので
ちょっとふてくされて「ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ」と返すと、
こうしたボキャブラリーはお持ちで、「サイテーパンチ」と残して
信号もそろそろ変わりそうだったのでアウディーに戻って行きました車(RV)

うーん、何で謝る必要があったんだろ、何か悔しい・・もうやだ〜(悲しい顔)

かなり後方にいた彼女の車。想像ですが、携帯操作や通話中、
あるいはわき見などをしていて前方に集中していなかった上に
結構なスピードを出していて、すでに始まっていた私の車の車線変更に
気付いた時に、自分がとてもあわてたのではないかと思います。
また、この車の運転にも慣れていなかったのかも・・・
(「その後」の走る様子を見てみると・・・)

いずれにしても事情を一旦反芻することなく直情的に相手が悪いと決めて
攻撃する姿勢は、日本人とは違うよなぁ・・・と国同士のもめごとの
縮図を身をもって経験した気がしましたひらめき

はからずも・・・もう1回、続きます・・soon
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 20:07| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする