2013年01月31日

記録媒体

音楽を録音する時、自分が学生のころは
カセットテープ全盛時代でしたカラオケ
その後、CDが登場し、MDがブレークしたかと思うと
デジタルプレーヤーの登場とともにMDは一気に・・・バッド(下向き矢印)

パソコンやワードプロセッサが普及し始めたころには
「うちわ」の代わりになりそうなでっかいフロッピーディスクを
使っていましたが、やがてフロッピーディスクも小型化され、
そして、なんとCDにマイPCで書き込みができるようになり・・CD
遂にはDVDにも・・・。 USBメモリーは超便利・・・かわいい
デジカメの普及とともにメモリーカードなるものも多種登場・・どんっ(衝撃)

tape&disk.jpg

写真の世界では、絶対だった「35ミリ」と呼ばれた普通のフィルムが
これほど短期間でほぼ消えてしまうとは・・あせあせ(飛び散る汗)
そういえばデジカメ隆盛のほんの少し前に「APSフィルム」なんてものも
登場し、わが家も「IXY」というカメラを持っていましたカメラ

映像の場合、VHS、ベータ、8ミリビデオ、そして現在のDVD、
ブルーレイへ・・・ダッシュ(走り出すさま)

でも、今現在、「カセットテープ」が再生できるプレーヤーゲーム
「ビデオテープ」が再生できるデッキTV
「フロッピー」のドライブがあるパソコンをお持ちの方は
どれぐらいいるのでしょう・・・exclamation&question

「記録媒体」・・・
昨今は記憶容量も増えて便利なカンジになりましたが・・・
そう遠くない将来に、結局再生できなくなることが多いことを考えると、
写真や大切な資料などアウトプットできるものは、データだけでなく
ある程度アウトプットして残しておいた方がいいのかもしれません手(パー)

再生できるプレーヤーやデッキが無いのに、
「カセットテープ」や「ビデオテープ」を捨てられない方・・・
いっぱいいらっしゃいませんか〜ー(長音記号2)

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 18:42| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: