2013年01月21日

会話(コミュニケーション)

先日、確か休日の本屋さんだったと思います本
お父さんと、お兄ちゃんと来店していたまだ2〜3才ぐらいの女の子、
お父さんにテレビで見たアニメのことを一生懸命説明していますTV
お父さんもお兄ちゃんも楽しそうに、「へ〜ぇexclamation×2」 などと
時々あいづちを打ったり尋ねたり・・・
店内ですしテキトーに受け流しそうなところ、
素敵な親子のコミュニケーションが交わされ、女の子は
自分の言いたいことを最後まできっちり話そうと楽しそうに
がんばってとても上手に話していましたるんるん

そうです手(パー) 私見ではありますが、ご両親や身近な人が親身になって
子供とコミュニケーションを取っていると、子供はとてもスムーズに
お話しができるようになると感じていますひらめき
特に、なるべく子供と同じ目線で、簡単なコトバで・・・キスマーク

family.gif

一方、最近、商業施設で目(耳)にしたり、近所の保育園から聞こえる
幼い子供たちの叫び声に案ずることがありますー(長音記号1)

もちろん子供たちは時として奇声を発するものですが、
多くの喜怒哀楽の意思表示を奇声で発する幼い子が増えているように
感じるのは私だけでしょうか・・・ふらふら

楽しい時・・・「きゃ〜〜ぁぁあグッド(上向き矢印)

スーパーなどで欲しいものを買ってもらえなかったり
自分の思い通りにならない時・・・「ぎゃ〜〜ぁぁあむかっ(怒り)

年齢的には十分会話ができる子供たちのこうした様子を
とてもよく目にする(耳にする)気がします目

そしてまたこうした時に、どれだけ泣こうが叫ぼうが、
「完全無視」のお母さんやお父さんをよく目にしますたらーっ(汗)

「どうして立ち止まってちゃんと説明しないんだろう・・犬
ちゃんと説明しなければ子供だってどうしてダメなのか分かりませんダッシュ(走り出すさま)

ゲームやインターネット、携帯、スマホなどの普及によって
自分の時間に没頭することが多くなり、会話(コミュニケーション)
の少ない若い家族が増えているのではと思います。
メールでのコミュニケーションも昨今では欠かせませんが、
特に幼少の子供との会話(コミュニケーション)は意識してより多く持ってほしい・・・
オッサンは思うのでありましたハートたち(複数ハート)

偶然のことですが、この4回ほど・・・
「コミュニケーションシリーズ」のようになりました・・・晴れ

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 06:10| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: