2011年06月25日

世界自然遺産登録の小笠原諸島

東京都に属する小笠原諸島がユネスコの

世界自然遺産に登録されることになりましたクラッカー

「東洋のガラパゴス」と称される外来種が入りにくいロケーションで、

数多くの貴重な固有種が生息し、そうした独特の生態系も

評価の対象になったようですかたつむり

先日、テレビのドキュメンタリーで知ったのですが、

この小笠原の貴重な生態系を脅かしてしまったのが

野生化したノネコだったそうですガーン

もともとは飼い猫だった彼ら。

野生化して貴重な固有種の鳥たちを襲うようになると

人間に近かった存在から一気に外来種へと立場が変わってしまいました叫び

フツーなら大掛りな駆除に進んだところだと思いますが

そこで立ち上がったのが東京都獣医師会の方々だったそうですアップ

cat0012-001_m.jpg

捕獲された野生化して人に馴染まなくなった猫を一旦預かり

ペットとしてヒトと一緒に暮らせるように徐々に慣れさせてラブラブ

里親を探して引渡し・・・にゃー

うーん、本当に頭が下がります合格

今回、世界自然遺産への登録は果たしましたが、

おそらくこのノネコの問題は終わった話しではないと思います足あと

今、この問題に関し、自分に何ができるかは直ぐには考えられませんが、

少なくとも、こうした問題に尽力していらっしゃる方々の存在について、

有難く思い、忘れないようにしていきたいと思っています星

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック