2019年06月22日

キセノン光発光装置(ウルトラフォトニックバランサー)@

弊社の光装置に、キセノン光による装置、
ウルトラフォトニックバランサー(Ultra Photonic Balancer)
という装置がございます。

UPB-a.mini.jpg

一昨年の秋から販売を開始して、動物病院様のお取り扱いが最も多く、
クリニック様、歯科医院様、サロン様などでもお使い頂いています。

レーザーの装置をイメージして頂きますと分かり易いところですが、
レーザーの場合は、多くは赤外線の単一波長を用いています。

弊社のキセノン光は、紫外線から赤外線までの幅広い波長を出力することが
特徴で、それら諸々の波長の特性をクロスオーバーで活用するものです。

今年2月に開催されました「光療法セミナー」の折に、
京都の「上京どうぶつ病院」の安川辰弘先生が、
YouTubeにアップされました動画がこちらです↙



自立が難しい変形性脊椎症の子の処置前・処置中・処置後の動画です。

次回は、装置をお使い頂いています動物病院さんを一覧でご紹介
させて頂きます。

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 12:12| Comment(0) | Light | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする