2015年01月31日

「統合医療」に対する国としての取組み

過日の「獣医統合医療臨床セミナー」にも遠路ご参加いただきました
名古屋市緑区の「滝ノ水動物病院」の下郷郁雄院長先生から
メールを頂戴し、厚生労働省の下記のサイトをご紹介いただきました左斜め下

「統合医療」情報発信サイト

さすが、ご熱心にいろいろ調べていらっしゃって、私には初めての情報で
早速、当ブログでもご紹介させていただきました。

玉石混淆な統合医療を「官」の立場から「玉」の方を探し出し、
良いものは紹介していこうという主旨の取組みのようです。

「本事業の背景」

医療に関する許可権者である厚労省や農水省は、基本的に
統合医療的なアイテムや取組みに関しては否定的なのかと思い込んでいましたが、
今後の展望に期待が持てる気がします。

まずは学会の方でエビデンスなども研究、紹介されている
「オゾン療法」を、このサイトの中では登場もしていないようですので
将来的に「玉」の方として紹介していただけるように、現状自分は
動く立場ではありませんので、諸々お願いして行きたいと思います猫犬
ラベル:統合医療 獣医
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 17:01| Comment(0) | オゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

セミナー準備閑話

すでにレポトーのとおり、1月25日(日)に横浜で
「獣医統合医療臨床セミナー」が開催され、その事務局を
担当させて頂きましたが、その準備に関連したお話しなど・・・

前々週に丸々関東に出張していたため、セミナー前の一週間は
準備の方がちょっと大変なことになりましたあせあせ(飛び散る汗)

前日の24日(土)の午後4時ごろにやっとなんとか整って出発・・車(RV)
ノンストップで午後8時ごろ横浜市内のホテルにようやく到着手(チョキ)

ホテルの隣にあった回転寿司で食事を軽く済ませて部屋に戻り
ここで初めてプロジェクタ(パソコンの発表資料を投影する機器)をチェック目
当日は進行役でもあったので、零時過ぎには大人しく床につきました眠い(睡眠)
「何かちょっと感じるなぁ・・どんっ(衝撃)

それからしばらくして・・・

「うわっexclamation×2
力一杯に起き上がってなんとか対処できました。
そうです、金縛りにあったのです・・たらーっ(汗)
10年以上ぶりぐらいでしょうか・・・ふらふら

その後、自分なりの対処法で落ち着いて、ゆっくり休んだ翌日は
雲ひとつない快晴・・晴れ
そして暖かな一日となりましたるんるん

みなとみらい辺りからの日の出画像ですカメラ

sunrise 001.jpg

おかげさまをもちまして前夜とは一転しての最高の一日となりました猫犬
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 18:36| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

オゾン療法のできる動物病院・「たねい動物病院」さん@滋賀県近江八幡市

滋賀県の近江盆地(平野)の一帯は、フラットで広々としていて
ゆったりとエネルギーの流れも良いように感じ、好きなエリアなのですが、
その近江八幡市の住宅街の一角にあるとてもオシャレな外観建物が
「たねい動物病院」さんです猫

明るくリラックスできる素敵な空間にいつも来院が絶えない
人気の当院の院長先生は、種井誠一先生ですかわいい

tanei-ah.png

種井先生は、昨年9月に東京で開催されました「日本臨床獣医学フォーラム」の
企業展示にてブースの方で、初めて「OZONE-V」をご覧いただきました。
その後ご検討の上、そのパフォーマンスにもご満足いただくことができ、
ご導入の流れとなりました。

明るく気さくなお人柄で、お話しも楽しく、飼い主さんたちの不安も
吹き飛ばされていることも多いのではと想像しますいい気分(温泉)

また、微細にペットたちに目を向けられ、情報収集や新しい取組みにも積極的で
その新たな手立ての1つとして「オゾン療法」をご導入されました。

明るく元気な院長先生の下、スタッフのみなさんもとても優しく親切で
初めての来院でもきっと安心です・・ハートたち(複数ハート)

「たねい動物病院」さんのホームページはこちらです左斜め下

http://www.tanei-ah.com/

今回は「たねい動物病院」さんをご紹介させていただきました演劇
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 18:14| Comment(0) | オゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

NAHA(日本動物病院会)主催・第77回国際セミナーのご案内

平成27年3月14日から3月22日にかけて
名古屋、博多、東京で開催されます、
NAHA(日本動物病院会)主催の国際セミナー

<「脳神経学」セミナー 〜豊富な動画を用いてわかりやすく〜> を
をご案内させていただきます。
札幌でのビデオセミナー(日程調整中)も予定されています。

講師、日程およびカリキュラム概要は下記のとおりです。

「脳神経学」セミナー 〜豊富な動画を用いてわかりやすく〜

講師 : Dr. Rodney S. Bagley DVM,DACVIM
    
日程 :
  <名古屋セミナー>
       平成27年3月14日(土)〜3月15日(日)
  <博多セミナー>
       平成27年3月17日(火)〜3月18日(水)
  <東京セミナー>
       平成27年3月20日(金)〜3月22日(日)
  <札幌ビデオセミナー>
       日程調整中 

カリキュラム概要 :
       ・見た目や行動が奇妙な犬と猫−
        姿勢と、外観、不随意運動の異常の評価
       ・歩行できない犬と猫−
        麻痺した動物の評価
       ・変に歩く犬と猫−
        歩様異常のある犬と猫の評価
      (東京会場のみ)
       ・脳外科のテクニック

  カリキュラムや受講料の詳細については、こちらをご参照下さい。

  NAHA事務局 office@naha-edu.com
  TEL 03−3446−1600  FAX 03−3446−1658
  お申込みは、こちらの申込用紙にご記入の上、上記事務局までお送り下さい。

当セミナーは毎度好評で、NAHA会員病院も増えてきているようです。
早めのご検討、お申込み・・いかがでしょうか。
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 22:35| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

「獣医統合医療臨床セミナー」開催

1月25日(日)に横浜市桜木町の日石横浜ビルにて
鷲巣誠先生の構成・指導による
「獣医統合医療臨床セミナー」が開催されました。

テーマは、
「獣医外科周術期における統合医療の網羅的サポートを考える」

全国から大勢の先生方にお集まりいただきました。

tugou 001.jpg

また、諸先生方の発表に関連するアイテムの企業展示にも11社に
ご参加いただきました。

テキストや配布された資料の一部です。

tugou 002.jpg

全てが大変興味深く、自身も大変勉強になりました。
事務局へのねぎらいのお心遣いとは思いますが、
「良かった。」「また次を・・。」のお声を多く頂戴致しました。

ご発表をいただきました講師の先生方、参加して頂きました先生方、
企業展示に参加して頂きましたご担当の皆さま、
有難うございました。大変お疲れさまでございました。

そして・・・次は・・・

あると思いますー(長音記号2)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 16:34| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

「獣医統合医療臨床セミナー」 最終のご案内

以前にもご案内させていただきましたが、1月25日に横浜で開催されます
「獣医統合医療臨床セミナー」 の最終のご案内をさせていただきます。
また、当セミナーは、「日本伝統獣医学会」のご後援を頂戴しましたので
合わせてご案内させていただきます。

<テーマ>    
「獣医外科周術期における統合医療の網羅的サポートを考える」
構成・指導・基調講演 鷲巣 誠 先生(アニマルウェルネスセンター)

<場所>   日石横浜ホール
        横浜市中区桜木町1-1-8 日石横浜ビル(地図)

<日時>   平成27年1月25日(日) 10:00〜16:45

<定員>   120名(定員に達し次第締切となります。)

<対象>   獣医師または動物病院に勤務されている方

<参加費>  5,000円(昼食弁当&お茶付)

<セミナー内容>
    10:00〜10:50  
    基調講演「獣医外科周術期における統合医療の網羅的サポートを考える」   
    鷲巣誠先生(アニマルウェルネスセンター)
    10:50〜11:30  「酸化ストレスとオゾン療法」
                   清水無空先生(アカシア動物病院)
    11:30〜12:10  「獣医統合医療におけるフォトバイオモジュレーションと
                  サプリメントの効果」
                   伊藤宏泰先生(かも動物病院)
    (休憩)
    13:00〜13:40  「"田七人参""冬虫夏草"の作用と臨床応用」
                   周軍先生(日本漢方研究センター)
    13:40〜14:20  「周術期におけるホモトキシコロジー療法」
                   阿部知弘先生(アネモネ動物病院)
    (休憩)
    14:30〜15:10  「分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)の獣医栄養療法
                  へのアプローチ」
                  <点滴療法、サプリメント療法の臨床応用>    
                   廣田順子先生(アリスどうぶつクリニック)
    15:10〜15:50  「M-Aを中心としたTee Tree Oil群の臨床応用」
                   石井博先生(須賀川動物病院)
    15:50〜16:30  「外科治療と統合医療」  
                   濱田太先生(WEST動物病院)
    16:30〜16:45   総合討論   講師全員

全てのテーマが大変興味深く、今後の臨床に必ずお役立て
いただけることと存じます。全国からお申込みを頂戴し、通常規模の
セミナーなら既に大盛況のところですが、少しでも多くの先生に
ご参加いただけるように大きな会場をご用意していますのでまだ残席がございます。

詳細、エントリー用紙はこちらのページから左斜め下

http://www.ma.ccnw.ne.jp/tamax/img/t-seminar.pdf

貴重な機会になることと存じます。ぜひ参加お申込みご検討下さい。
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 17:45| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

関東出張4景

今週は会社に出社せず、13日〜16日まで関東に直行直帰して参りました車(RV)

そのために連絡が滞ったり、送付が遅れたりといろいろご迷惑を
お掛けしました案件が発生してしまいましたたらーっ(汗)
本当に申し訳ございませんでした。

15日に関東の山沿いなどで結構雪が降ったりしましたが、
それ以外はとても良い天気で出張も大変有意義なものとなりました猫

往路、新東名「駿河湾沼津SA」での日の出画像です晴れ

view 001.jpg

同SAからの駿河湾の朝焼け・・ぴかぴか(新しい)

view 002.jpg

直後、朝日に輝く富士山の美しさ・・カメラ

view 004.jpg

雪が降った翌日、16日の相模湖公園から・・・
このあたりからだんだん積雪が・・・雪

view 003.jpg

この日は大変暖かな日差しの日となり、日向ぼっこをしながら
昼食のお弁当をいただいたのでありました手(パー)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 20:00| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

JAHVS(日本ホメオパシー・統合医療獣医師の会)主催セミナーのご案内

3月に計画されています、「JAHVS(日本ホメオパシー・統合医療獣医師の会)」
主催のセミナーに関し、第一報をご案内させていただきます。

1.テーマ  「動物医療における栄養療法」 <導入編>

2.主旨   日々診療で薬の処方や点滴という治療は頻繁に行われています。
        しかし薬だけに頼らず、体の根本である栄養に着目した時、
        不足している栄養素を補うだけで病態が変化することも多く見られます。
        栄養学は奥が深く、まだまだ分かっていないことも沢山ありますが、
        人医の情報を基に動物の栄養療法について学ぶ機会としたい。

3.場所   東京都千代田区神田淡路町二丁目6番 神田淡路町二丁目ビル
        株式会社 堀場製作所 東京セールスオフィス、セミナールーム <地図>

4.日時   平成27年3月8日(日) 10:00〜16:45(予定)

5.受講対象 獣医師

6.受講料  8,000円

7.セミナー内容
<基調講演> 「栄養療法に必要な栄養とは」(仮題)
         定 真理子 先生 新宿溝口クリニック チーフカウンセラー
         自身の不妊症の治療で分子整合栄養医学に出合い、1984年より
         栄養療法のカウンセラーとして、クリニックやその他機関で
         多くの患者様と接する。新宿溝口クリニックのチーフカウンセラー
         としてクリニックの立ち上げからカウンセラー育成などを行い、
         その後、医師、医療関係者向けの分子整合栄養医学講座、
         セミナーなどの講師を務める。
         著書 「綺麗に痩せたい人はサラダより焼肉を食べなさい」
             「美肌になる栄養セラピー綺麗を作る食べ方バイブル」
             「40歳からやせ体質に代わる栄養セラピー」
             など多数の執筆もされています。

<講演>   「獣医領域における栄養療法」(仮題)
         <点滴療法、オーソモレキュラー療法の臨床応用>
         廣田 順子 先生(アリスどうぶつクリニック)
       
        その他の演題も予定されています。

8.申込方法 次のメールアドレス info@jahvs.org に
        セミナー参加申込みの旨と
        @お名前
        A病院名、住所、電話番号
        を記していただき、今後返信を受けられるメールアドレスから
        メールにてお申込み下さい。

9.お問合せ 鈴木つぼ美先生(みなせ動物病院)
         TEL:075-952-7772  E-mail:info@jahvs.org

今注目の「オーソモレキュラー(栄養療法)」です。ペットたちの場合、
ジャンクなフードだけで何年も過ごしていることも珍しくなく、
体の栄養バランスが崩れて不調が生じ、上記の「主旨」にありますように
ちょっとした栄養素を補ってあげるだけで大きく改善することも少なくないと
お伺いします。大変楽しみなセミナーです。
ぜひ、参加お申し込みをご検討下さい。
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 07:46| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

免疫の戦いA

昨年、アメリカから講師を招いての
「血液紫外線照射(バイオフォトニック)療法」のセミナーに
参加させていただいたご縁で、弊社にて機器や消耗品の
輸入代行をさせていただくようになりました。

biophotonic 001.jpg

しかし、自分自身でも 「オゾン療法と比べての特徴」 などいまひとつ
理解できずスッキリしていませんでした。アメリカの人間向けのサイトなどを
見ているとどうも「感染症」や「癌や腫瘍の補助療法」としての評価が
高いようです・・目

http://infectionscured.com/

http://www.drsubi.com/

小量の血液を生理食塩水で希釈して紫外線を照射し、体内に戻すこの療法、
「どうして全血でなくちょっとの血液に紫外線照射するだけなのに体の
ウィルスや細菌をやっつけられるんだろう・・?」 勘の悪い男はここしばらく
そんな疑問を抱いておりました・・どんっ(衝撃)

昨年末に、ある先生にその疑問についてお話しすると・・・
「記憶して伝えるからですよ。」

「あっ、なるほどexclamation×2

なんてバカなんだと思われるかもしれませんが、その時初めて
腑に落ちたのでありましたあせあせ(飛び散る汗)

(ここからの解釈には私見も入ります。)
ウィルスや細菌に自然免疫が勝利できないバランス(血液)のところ、
紫外線の強い殺菌力によりウィルスや細菌がやっつけられるプロセスにおいて
免疫系としても紫外線の力を借りて勝利パターンを記憶して、獲得免疫として
体内に戻ることにより全身の免疫系にその勝利パターンが伝えられる・・・

前回、ご紹介した免疫の本を読んでいたのでこのように理解し、
イマイチよく分かっていなかったこの療法ですが、昨年末から急に
何かとても良いもののように思うようになって参りました手(パー)

少々手技が分かりづらく面倒でしたので、さらに詳しく使用器具なども調べ、
機器をご導入された先生方にあらためてご案内し、より有効にお使いいただける
ように整理したいと思っています。

頑張れ、免疫exclamation
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 22:06| Comment(0) | オゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

免疫の戦い@

今、「免疫・「自己」と「非自己」の科学」という本を読んでいます。

book.jpg

多田富雄先生の著で、NHKブックスから出版されています本

アマゾンのページ

「自己」と「自己ならざるもの」を識別して体を守ってくれている
免疫の仕組みから、その仕組みが上手く機能しない「アレルギー」や
「自己免疫疾患」「がん」などの事例についても解説されていてとても分かりやすく
2001年初版の本ですが大変勉強になります手(パー)

本日は本の紹介だけになってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
続きます・・猫
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 17:09| Comment(0) | オゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする