2013年03月30日

オゾン療法のできる動物病院・「岩倉動物病院」さん@愛知県岩倉市

地元愛知県ということもありますが、
私、サイマネがこれまで最も多くお伺いしている動物病院が
「岩倉動物病院」さんです手(チョキ)

その一番の理由は、院長先生の加藤英樹先生の気さくなお人柄かわいい

何か教えていただきたいことがある時など、
どうしても加藤先生のところに足が向いてしまいます車(RV)

そんなお人柄の院長先生は大柄で一見迫力がありますが
もちろんペットたちにも優しい目線で接していらっしゃいます黒ハート

iwa.jpg

西洋医療をベースに鍼灸なども取り入れられ、「サイマペット」も
比較的早くにご導入いただきました犬猫

更に新たな手立てとして「オゾン療法」も導入されて鬼(失礼手(パー)) に金棒パスワード

「岩倉動物病院」さんのホームページはこちらです左斜め下

http://www.iwakura-ah.com/index.html

スタッフのみなさんもとても温かく、初めての飼い主さんもきっと安心ハートたち(複数ハート)

トリミングのお客様も多く、人気のようでするんるん

尾張地区はもちろん、名古屋市からも近い便利なロケーション車(セダン)

「岩倉動物病院」さんで、「オゾン療法」による愛するペットのQOLの改善など・・・
相談されてみてはいかがでしょう・・・わーい(嬉しい顔)
posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 11:13| Comment(0) | オゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

ばい菌とアレルギー

先日、近所のスーパーのレタスの売り場になにやら立て札が・・・
「まれに葉の中に土がついていることがあります」

えっexclamation&question 当たり前だろ・・・目

普通のレタスは水耕栽培ではないはずなので大地から生えているハズ手(チョキ)
また、葉もの野菜は水洗いすると傷みやすいので大根やニンジンのようには
しっかり洗えないと思われます魚座
恐らくクレーム対応として書かれたものだと思いますが、
「こんな風潮でいいのかなぁ・・・ふらふら」 といった心持ちになりました手(パー)

ve.jpg

除菌、抗菌という言葉を耳にしない日が無いほど日常的になりましたが、
昨今の花粉症をはじめとするアレルギーの増加は、幼少期に細菌感染する
機会が減ったことにより白血球の細胞のバランスが偏ることによるのではと
言われていますダッシュ(走り出すさま)

最近、書店でたくさん本を拝見する「笑うカイチュウ」の
藤田紘一郎先生ももう10年ぐらい前に拝聴した講演会でそのように
おっしゃっていたのを記憶していますひらめき

アマゾンのページ

先日、BSフジの番組で、俳優の坂口憲二さんがサーフボードを持って
アジア各国を旅する「アジア万感」という番組を見ているとそこはインドネシアリゾート

地元のお母さんに案内されて彼が入ったキッチンは、まな板というよりも
水にぬれたままの机の上に多くの魚が散乱しているところで
魚をさばいて調理していきます・・・日本よりはるかに高温多湿なところで
間違いなくばい菌の繁殖もすごいはず・・・
坂口さんも「見ないほうが良かったかも・・・」 と思わず苦笑い・・ー(長音記号2)

これですパンチ 人はこんなばい菌が多いであろう環境の中でも
身体が対応してくれるようにできているのですかわいい

大病とは言えないかもしれませんが、これだけアレルギーに苦しむ人が増えた
ということは本来とは違った「過剰な衛生観念」に走っている結果と言えるのかもあせあせ(飛び散る汗)

以前にご紹介した松尾和浩先生の「やさしく学ぶ免疫システム
の中ではこのように案じていらっしゃいます本

「バイ菌に対する意識的なアレルギーが、本物のアレルギー体質を
引き起こすとは、ちょっと考えさせられる状況です。」 と・・・

小さいお子さんを子育て中の皆さまexclamation
砂遊び、どろんこ遊び大いに結構るんるん
カゼをひいたりお腹をこわしたり、身体もいろいろな経験を積んで
免疫系も鍛えられ、学習し、バランスが取れるようになっていくようですー(長音記号1)

マスクや抗菌グッズばかりにこだわらず・・・
ちょっと無防備に育ててみませんか〜ハートたち(複数ハート)

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 21:04| Comment(0) | 免疫・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

土筆(つくし)

「つくし」って漢字で書くと「土筆」なんですねぇ・・・ひらめき
たぶんパソコンでなく自力だったら書けなかったと思いますたらーっ(汗)

最近、休日に近所の川沿いの散歩道を歩くことが多いのですが、
その付近の田畑の周辺などでつくしを見かけることが多くなり、
先週の春分の日に袋を持参して黙々とゲット手(チョキ)

つくしを採ったのは小学生以来かと・・ふくろ

tsukushi 001.jpg

20〜30分で採ったつくしですが、
家に持ち帰って慣れない「袴取り」に悪戦苦闘どんっ(衝撃)

1時間20分ほどかけてようやく完了かわいい

tsukushi 002.jpg

アク抜き後、ほうれん草とともに卵とじにして出来上がりいい気分(温泉)
久々に食べるつくしは、食感が良くてほろ苦さもほど良く完全に主役ぴかぴか(新しい)
期待以上に美味しくいただきました猫

もう少したくさん自生していてくれれば「袴取り」が楽そうな
つくしを選ぶんだけどなぁ・・・目
みなさんもこの季節だけの贅沢・・・いかがでしょうわーい(嬉しい顔)

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 19:59| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

一人称・二人称・・・(ラスト)

もし、人に格というものや(人格)、
次元というものがあるのだとすると、
普通に考えると三人称への愛が大きい方が
人格や次元が高いということになるのかなと思います目

しかし、前回記事のように「素晴らしい自分」のためだったり、
「他人から見たナイスな私」のための無償ではない愛もあるので、
一人称や二人称に比べ、三人称への愛がはるかに大きいことが
本当に人格や次元が高いと言えるのかもしれません右斜め上

偉大な悟りをされた方、光に満ち溢れた方、たとえば
イエス・キリストやお釈迦さま、マザーテレサなどの場合、
一人称はほぼ無くて・・・
われわれのような凡人は「三人称複数への愛」と考える「多くの人々への愛」を
「二人称の愛」として、多くの人々のその一人一人に対し、
個々の隣人として寄り添う・・・
そんな深くて大きな愛を感じますぴかぴか(新しい)

love-2.jpg

さて、自分はどうかと考えてみると・・・
なんかどれもちっちゃいような気が・・ふらふら

さて、みなさんは・・・
どのあたりを目指しますか〜かわいい

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 10:36| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

一人称・二人称・・・(つづき)

人は誰かに愛されたいという気持ちと、誰かを愛したい気持ちの
両方を持っていると思います。前回記事の40〜50歳ぐらいまでは
それがどちらも自然に満たされることが多い・・・ハートたち(複数ハート)

しかし、子離れや歳を重ねるに従い、子供や配偶者から
愛されている実感はだんだんと薄れ、自身の愛の対象や大きさも
子供や配偶者に対するものだけでは持て余すように・・・ダッシュ(走り出すさま)

もちろん愛の大小は人によってゼロと無限大ほどに違うので
単純に比較はできませんが、この頃が1つ大きな転換期になるのでは
と思ったりしています犬

love-1.jpg

持て余した愛の向かう先は・・・exclamation&question

1人称に向かう人。自身の趣味や自分の世界に没頭したり
年齢とともに自我や自己愛がどんどん強くなって
他人を認めなくなる方も多いように思いますふらふら

2人称の場合、どうしても愛情の対象が異性に向かう人も多く、
その場合はいろいろとややこしいことを繰り返すことも・・・ムード

3人称の場合、ボランティアや自治会などの活動、慈善活動などに
積極的に参加されたりする方など・・大いに頭が下がりますぴかぴか(新しい)

ただ、3人称への愛の場合、純粋に「無償」である場合と、
1人称、「自己愛」を満たすためだったり、
2人称、「You(他人)から良く見られたい」
といったところから向かうこともあったりするのでは・・目

もう1回・・・つづきます手(パー)

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 11:45| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

一人称・二人称・三人称単数・三人称複数

英文法の話しではありませんメモ

オッサンが語るとキモい、「愛」 についての話しです手(パー)

ひょっとすると何かで読んだことなのかもしれませんが、
「愛」を「人称」で考えてみるとその大きさだったり次元だったりが
計りやすいように思っていますひらめき

一人称の愛:誰もが生まれながらに持っている、自分を大切にする心、
自身に対する愛。自己愛です黒ハート

二人称の愛:これも自己愛の次に誰もが持つようになるであろうYouに対する愛。
まずはお母さんに対し・・、恋人に対し・・、子供に対し・・揺れるハート

三人称単数の愛:さらに進歩して、身近なところでは仲間や関係する人たちへの
思いやりだったり、運転している時のマナーや配慮などもこの類いかと思いますかわいい

三人称複数の愛:不特定多数への愛。分かり易いところではボランティアや募金、
災害時の支援活動などもそうでしょうかハートたち(複数ハート)

love.gif

もちろんケースバイケースで人生は百人百様なので全てが同じである
ワケではありませんが・・・猫

一人称、二人称の愛はほぼ誰でもが持ち合わせていて普通はこれらが
一番大きく、特別なことをしなくても皆が経験できるようになっているのではと
感じます。私自身、思春期までの子育てを終え、
また、小さなお子さんを子育て中のご家族などをお見かけすると、
だいたい子供が思春期を迎えるあたりまでは、家族1つになって、
二人称の「家族愛」一杯に、幸福感に包まれながら年を重ねることが
できるようになっているのではと感じます犬

しかし・・・40歳から50歳あたりで子供が思春期を迎えるぐらいから
親と子の距離感は次第に変化して、家族相互の「愛」のバランスは
微妙に変化してきますー(長音記号1)
年と共に徐々に男女の間柄から必然的に変わってくる夫婦の関係も同様に・・・あせあせ(飛び散る汗)

長くなりました・・・続きます・・次項有

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 22:20| Comment(0) | 人・こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

花粉症が大幅改善・その4

「花粉症」 はアレルギー反応の1つである訳ですが、
カラダの免疫システム(白血球ファミリー)が花粉を細菌やウィルスと同様に
「外敵」と判断して、「くしゃみ」や「鼻水」「涙」などでカラダから追い出そう
としてくれている反応で、ある意味では「戦う体制はある爆弾」 と言えます犬

番犬で例えると、誰にでもよく吠え、よく噛みつく番犬を飼っているカンジ・・・

dog.jpg

前回記事のような「免疫力を高める」べく、「食生活」や「生活習慣」の改善をしても
正直、こうした一度敵と判断するようになったものが改善(コントロール)されるとは
思っていませんでした手(パー)

しかし、結果として今回の改善・・・かわいい

素人考えでは、「免疫力を高めるグッド(上向き矢印)」 というと
どうしても「免疫」という 「「戦う力」を強化するパンチ
と考えてしまうのですが、正しく戦うためには「白血球ファミリー」の
「顆粒球」「マクロファージ」「リンパ球」などのバランスがとても重要なようで
これらを整えるには前述の「食生活」や「生活習慣」の改善が有効ぴかぴか(新しい)
ということのようです猫

ヒトのカラダの仕組みはホント精妙ですトイレ

「免疫力を高める」 というよりも 「免疫が十分に力を発揮できるように体制を整える」
ちょっと長いですがそんな表現はいかがでしょうか演劇

こうして考えると、「免疫」という軍隊が自分の身体を「敵」と判断して
攻撃してしまうという、治療もなかなか難しいらしい「自己免疫疾患」 も、
同様の考え方で改善する可能性があることも、多くの免疫本では
言われていることではありますが、自らの経験を通し、
「なるほどexclamation あるかもひらめき」 と感じたのでありました目

war.jpg

今回、「花粉症」の記事を書いていて、千葉県の「アレルギー相談センター」さんの
大変参考になるホームページを見つけました左斜め下

イラストで学ぶアレルギー

最近、やっと体温が36度に達することもあるようになりましたがまだまだ・・・あせあせ(飛び散る汗)
パン、生野菜、牛乳、柑橘系のフルーツという典型的な低体温食の朝食を
和食に変えなければ・・・と思いながらも幼少からの食習慣を変えられない
大したことない意志の私、サイマネでありましたパンチ

「花粉症の話し」・・・おしまい晴れ

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 00:04| Comment(0) | 免疫・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

花粉症が大幅改善・その3

では、花粉症の改善のためにやったつもりではないのですが
今回の改善につながったと思われることについて記しますメモ

(個人的な体験を感想として記すものです。個人差などもあると
思いますのでご承知おきの上ご覧ください。)

これまでも何度か当ブログで記事として記してきましたが、
仕事がら「免疫」 についてもっと理解を深めたいと、
安保徹先生や石原結實先生の本を読むうちに、「免疫力を高めるグッド(上向き矢印)
を実践したくなったのでありました手(パー)

book.jpg

・腸トレ。
・交感神経と副交感神経のバランスを整える。
・(自分は低体温なので)体を温める食べ物を積極的に摂る。

具体的には、

・元々ここ2年ぐらい、「ヤクルト」を飲んでいました。
 (そのせいか今思えば、昨年も比較的軽かったかもしれません)
・腸内の善玉菌を増やすべく、ヨーグルトや、納豆・キムチなどの発酵食品も
 以前より食べるようになりました。
・肉食に偏らず魚も多くいただく。
・心とカラダのバランスを整える。
 ※ほどよい運動。
 ※ほどよいストレス。(過度のストレス状態にならないように・・)
・ネギ、ニンジン、根菜、りんごなど体を温める食材を多く摂る。
・入浴などで体を温め、できればあまり体を冷やさない。

ただこれだけです猫
お金のかかること、難しいことは何もやっていません手(チョキ)

結果として「免疫力が上がった」 というか
「免疫系がより上手く機能してくれるようになった」
と、自身は理解していますひらめき

では、次回は花粉症と関連して、「免疫」のメカニズム(ちょっと大げさですが・・たらーっ(汗)
について触れてみたいと思います・・・つづきます新幹線

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 00:06| Comment(0) | 免疫・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

花粉症が大幅改善・その2

この時期、車に乗ろうとすると真っ白というか黄色に花粉コーティングされていて
びっくりすることが多くなります。今日もびっくりがく〜(落胆した顔)

さて、先日、風がとても強かった週末のこと、天気は良かったので
「今日はヤバイでしょ・・ひらめき」 と今年初めてマスクをして外出をしました手(パー)

sugi.jpg

しかし、ちょっと急な坂道に来て、マスク着用はどうしても息苦しく
マスクをはずしてみました、すると・・・

「あれっexclamation&question なんともないじゃん犬

そうです手(チョキ) マスクがなくてもくしゃみも鼻水も大丈夫なんですかわいい

それ以来、いつも飲んでいる坑ヒスタミン剤も控え、先日の記事のように
長い間の夢だったこの季節の窓を開けての運転も問題なしー(長音記号2)

もちろん、時としてくしゃみを連発したり突然鼻水が出たりすることも
あるので、あえて「大幅改善」としましたが、自分にとっては
「治りましたぴかぴか(新しい)」 という感じです猫

これまで当たり前のように長く付き合ってきた花粉症を
今さら改善させようなどとは実は全く考えていませんでした目
しかしなぜだか症状は大きく改善グッド(上向き矢印)

考えられるそのワケは・・・つづきますモバQ

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 19:09| Comment(0) | 免疫・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

花粉症が大幅改善・その1

サプリのバナーのようなタイトルになりましたあせあせ(飛び散る汗)

私、サイマネの花粉症歴は20年以上手(チョキ)
当時は今のように広く認知されておらず、
「花粉症なんです・・手(パー)」 と言うと
「それって気持ちの問題(思い込み)なんじゃないの・・・exclamation&question
なんてことをよく言われたものでしたパンチ

きょうは地元名古屋で「名古屋ウィメンズマラソン」 が行われましたが、
このマラソンは自分にとっては1つの記念日でもありますイベント

run.jpg

当時のマラソンコースが家のすぐ近くだったので、
たまたま春一番が吹いたその日、
当時はまだ「花粉情報」 などは皆無でしたが、
恐らくスギ花粉が大量飛散したと思われるそんな日に
沿道から楽しく応援というか見物をしたのでありました目
すると翌朝・・・

「目が・・目が開かない・・・どんっ(衝撃)

そうです、目ヤニで目がくっついてしまって目が開きませんふらふら
目を洗ってなんとか目を開けてみると今度は顔を見てビックリがく〜(落胆した顔)
顔も目もパンパンに腫れてしまって、
会社に行くのをやめようかと思うほどひどいことに・・・たらーっ(汗)

当時は「名古屋女子マラソン」。
絶対に忘れない花粉症発症の記念日になりましたくつ

それ以来の長い花粉症歴ですが、例年より花粉の飛散が多いと言われる
今年ですが、今年は何かいつもと状況が違うのです・・・犬

それに気付いたのは先日のこと・・・つづきます次項有

posted by サイマネ(サイマティクスによる「サイマペット」の販売マネージャー) at 17:19| Comment(0) | 免疫・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする